つわりを緩和する食べ物

妊娠初期に多くの妊婦さんを悩ませる「つわり」。症状がひどいと食事をするのも一苦労だ。つわり中は決まった時間にちゃんと腹ごしらえはしんどいので、食べられるものをとことん口にすることが大切です。つわりと食事の関係はまだはっきりしていない点も多いのですが、つわりを緩和する食べ物はあるのでしょうか。今回は、つわり中の食事についてつわりを悪化させ易い食べ物や、つわり中におすすめの食事のとり方などをご紹介します。
つわりは、吐き気や胃のむかつきなど、主に消化器官の不快症状が現れます。明確な原因はわかっていませんが、妊娠初期の圧倒的ホルモンバランスの変化や、代謝の変化などが関係していると考えられています。体の変調により味覚や嗅覚が敏感になり、食べ物の匂いに過剰に反応して、気持ちが悪くなる人もいらっしゃる。ひどくなると水も飲めなくなったり行なう。つわりは妊娠5~6週ごろにはじまり、胎盤が仕上がる妊娠12〜16週に落ち着く人が多いので、何よりその期間は食べ物に気をつける必要があります。
そんなつわりも、効果には個人差がありますが、ビタミンB6の摂取で嘔吐の軽減に効果的であるとの研究結果も出ていらっしゃる。つわりで吐き気がする時折、ビタミンB6を多く含む食べ物を試してみるのも一案だ。
では、ビタミンB6を多く含む食べ物をご紹介します。
「バナナ」
バナナにはビタミンB6が豊富に含まれています。バナナジュースにするとつわり取り分け摂取しやすくなるのでおすすめです。また、乾燥したプルーンにも多くのB6が含まれているので、バナナとプルーンをヨーグルトに入れて召し上がるのもいいですね。
「玄米」
玄米にもビタミンB6が多く含まれています。白米は匂いによって気持ち悪くなったという先輩ママも多いのですが、玄米によるおにぎりはニオイも異なり、つわり中の妊婦さんに人気です。鉄や葉酸、食物繊維など、妊娠中に摂取しておきたい栄養素を含んでいるのもポイントです。
「抹茶」
抹茶にもビタミンB6が豊富に含まれています。ただし、カフェインも含まれているため、毎日2〜3杯を上限にしておきましょう。
つわり中の妊婦さんは、どうして伝えていいのかわからないくらい、気持ち悪くて大変ですよね。そういうつわりを多少なりとも軽減できて、食事を盗ることができるといいですよね。おすすめです