仮想通貨とトークン

仮想通貨としてビットコインやイーサリアム、リップルなどがよく聞く名前だと思いますが、実際にはなおさらたくさんの仮想通貨が流通しています。
また、仮想通貨と同じような取り扱いをされているトークンと呼ばれるものがあります。
こういうトークンと仮想通貨を混同やる人が少なくありませんが、仕組みは異なります。
ただ、混同やる理由を考えると、トークンと仮想通貨を区別する理由はほとんどありません。
先ず、両者の違いは構成されている電子マネーの仕組みが異なる点だ。
また発行元には大きな違いがあります。
トークンと仮想通貨を考えるまま、電子マネーのテクニカルな仕組みから企てることが多いのですが、現に取引されている市場では、そのような仕組みを意識する必要はありません。
わかりやすく言うと、日本円と株式の違いと見ればいいでしょう。
日本円の価値は国家が保証していらっしゃる。
日本が大幅赤字で成り立たなくならない限り、日本円の価値は保護されていらっしゃる。
しかし、株式は会社が倒産した途端に価値を失うでしょう。
マーケットで上下しているように、多くの人が株式の売買によって利益を得たり損失を吐出したりしています。
実際の会社の業績は関係ないところでマーケットは動いてあり、当初は会社の資金集めのために発行された株式がしばらくすると独り歩きしていくのです。
これが仮想通貨とトークンの関係だ。
仮想通貨は日本円であり、トークンは株式だ。
トークンの売買には仮想通貨で行います。
制度上ではトークンを発行するのは企業だけではなく個人でも可能です。
もちろん、誰も自分のトークンを購入してくれなければ何の効果もありませんから、かなり無名の人がトークンを発行するのはプラクティカルではありません。
注意しなければならないのは仮想通貨の価値を保証してもらえる国はどこにもない点だ。
ビットコインであれば、ビットコインという企業が保証しているだけであり、万が一倒産すればビットコイン市場は消滅してしまう。
電子的暗号化やデータを保証する技術は高度になってあり、データ漏洩などのモウマンタイとしても、実体のない市場で売買がなされていることを理解しておかなければなりません。2014iufro.org