美しいセラミック治療

審美歯科治療は、パッキング・かぶせ物として「歯の色」「歯の形」「歯並び」を再びすばらしくやる治療だ。
そして、患者様の口元のコンプレックスを省き、口元に健康と美をもたらす審美歯科は、いつまでも壮健でありたいと狙う方のための歯科治療だ。

本当に審美歯科治療をお受けになられた方の感想としては、「周りから表情が凄く明るくなったという」「人前でしばしば笑うようになった」「就職活動にずいぶん自身になった」「接客ところお客様と向き合って笑顔で応対できるようになった」という好ましいお声を頂いているようです。

ですが、審美歯科は、「美しさ」だけでは無理。

しっかり噛んで食事ができ、心地よく会話ができるように「ユーザビリティ」も得られないと歯科が志す審美治療ではありません。
患者様にとっては「美しさ」が得られれば他はどうでもいいと思われている方も中にはいらっしゃいます。
しかし、それは大きな間違いだ。

「審美性」と「ユーザビリティ」の両方を兼ねそなえなければ、どうにか入れたセラミック治療も長く使えなくなる。
また、そういった美的・機能的な解決が患者様の見た目だけでなく、心の健康にも役立つと考えています。

白く綺麗な差し歯を創ることが審美歯科治療ではありません。
歯科では、美しさの基準・デンタルプロポーションにもとづきながら、お顔のバランスを考慮したより精密な審美歯科治療を通じていきます。

気をつけるポイントとして、
唇とのバランス…笑顔での上の前歯の先端のラインと下唇とのラインが相似形でスマイルラインが整っているかどうかを確認していきます。

黄金比…前歯が良く思える基準です「黄金比」にもとづき、バランスのとれた審美治療を追求します。

歯の形…歯の形態で口元のイメージが激しく変化します。
口周りや隣在歯とあわせ、ナチュラルで可愛らしい形体を作ります。

色彩と質感…くすみのない明るく透明感があり、つややかな普通ツヤ感で白い色が、最も口元を可愛らしく見せます。
そして、表面がツルンとした質感であることもキレイな歯の条件となります。

色んなポイントがあり、それぞれの歯科で、患者様と一緒になってキレイを探る努力をします。

気になっている方は一度見てもらい相談するといいでしょう。http://xn--u9jw44qkwb9yvoua.xyz/