雄大な自然に囲まれている「上高地」。
夏になると多くの乗客が我が国からやってきます。
ベストシーズンには観光バスが50台以上生じることもあります。
名勝として昔から人気のエリアで、夏でも気持ち良いことはやはり、雄大な山々、川、池、川にかかる橋、どれもすべてが可愛く写真になるあんな景色が広がっています。
空気もおいしくて、なんとなく深呼吸をしてしまう、今も昔も多くの乗客を魅了やる国内有数の名勝だ。

上高地の気温は、真夏も20度以上になることは少ないです。
真夏の昼間でも木陰に入っただけでなかなか気温が下がります。
朝晩は10度以下に至る日もあるため、夏に旅行するとしても長袖の上着を持って行った方がいいと思います。
6月、7月は、気温がまったく低のですが日差しはかなり強くなります。
昼間の体感温度はその日の天気によって全然違ってきます。
長袖シャツに軽めの防寒着を1枚持ち歩くといいと思います。
梅雨時折カッパも必要です。
7月、8月の梅雨後には真夏の天気となります。
上高地も日中はTシャツで、朝晩、夜用に軽めの防寒着を1枚持ち歩くといいと思います。

上高地では、春〜夏に花が咲き誇り、山々の緑とのコントラストが楽しめます。
秋にはきれいな紅葉が見られます。
多くの人が旅行に訪れる目的はこういう景色を楽しむことです。
上高地ではハイキングがおすすめです。
見どころがたくさんあるスポットを駆け回りながらめぐるのです。

一番の人気は「大正池」だ。
噴火によってできた神秘的な池だ。
湖面に枯れ木が浮かぶ幻想的様子、バックには穂高連峰と、雄大な景観は上高地を代表する人気スポットとなっています。
大正池ではボートい乗っかることもできます。
ボートに乗って見る山々はまたまだまだ異なる感じがします。

「河童橋」付近も大人気スポットだ。
午後は人が多すぎて留まることもできずにぱっぱと渡り切らなければいけません。
さほど空いている午前中に出向くことをおすすめします。
上高地と言えば、河童橋というイメージも著しい、雑誌の写真などでもよく見かける場所だ。

河童橋付近には、ホテルやロッジ、レストランなどもあります。
ホテルの売店では、お弁当やおやき、天婦羅なども売っています。
氷水にペットボトルのドリンクやトマトなども冷やして売っています。
夏場は水分補給をこまめにください。

上高地ではハイキングをしながら、山や空、川、橋などの景観を撮影したり、植物、動物などを撮影したりして楽しむことができます。
また散策の疲れを癒してくれる「温泉」もあります。
釜トンネルの近くにある一軒宿の「中の湯温泉」。
源泉かけ流しの天然温泉で、内風呂と露天風呂があります。
日帰り入浴もできます。
渓谷沿いに残る一軒宿の「坂巻温泉」。
谷あいにおける静かな温泉宿だ。http://www.ambermagic.co.uk/

子どもの英語教材としてディズニーの絵本やCDによっておるお母さんはたいして多いようですが、それで子どもが英語を喋れるようになるのでしょうか。
絵本は文字を見ているのではなく、イラストの部分を見ているでしょう。
そして、言葉はお母さんが話す英語だ。
ずいぶんお母さんが英語に自信がないと、読み聞かせで英語をしゃべれるようになるとは思えません。
ここはCDに任せるべきでしょう。
絵本をまくりながら、CDの音声を親子で黙って訊くだけです。
お母さんは黙ってあることが重要なポイントです。
赤ちゃんが英語を覚えるのはCDから流れてくる音声をまねして要るだけです。
お母さんの日本式発音の英語を聞かせてしまうと、赤ちゃんは混乱してしまいます。
どれを覚えればいいのかこんがらがるのでしょう。
おすすめのCDだとしても、ハウツーを間違えないようにしなければなりません。
お母さんは普通に日本語で話しかけて下さい。
そして、英語の絵本をCDによってまくるだけです。
大人にもおすすめの英語教材として受け流しが注目されています。
これは、言葉を頭ではなく耳で理解することです。
毎日聞いていると、少しずつ言葉の違いが聞こえてきます。
赤ちゃんの時から、教材を聞かせる意味はここにあるのです。
本場の英語を聞いていれば、音の違いを体が覚えてもらえるのでしょう。
無論、文字になった英語はとっても別の教材でなければわかりません。
言葉は喋れても、文字を書くためには意識的練習が必要だからです。
日本人でも話すことはできても、文字にすることができない子どもはたくさんいます。
そのために小学校でひらがなから学ぶのです。
赤ちゃんに対する英語教育を考えているなら、小学校や中学校で学ぶ英語をイメージしてはいけません。
CDはたくさん販売されていますから、その中からおすすめを選びましょう。
赤ちゃんが喜んでくれるお話が嬉しい教材として下さい。
お話の内容に特別な意味を植え付けるのではなく、喜んで受け取ることを大切にして下さい。
内容よりも英語の発音が重要です。
些か大きくなると、日本語と英語を上手に使い分けられるようになります。
自分が置かれた状況で度の言葉を話せばいいのかがわかって来るからだ。www.infosikh.co.uk